09/28の日記

23:23
短編「海は、零れ落ちた涙」更新
---------------
かーなーりー前に書き終わってたものです(⌒-⌒; )

私的に「短くね?←短編なんだから当たり前なんだけど、私は短編でも長いのが当たり前笑」とか。
「んー…ガーッと思うがままに書いたけど、どうなんだろ?」とかとか。

色々考えて保存したまま非公開モードにしてました。

じゃ、なんで更新したん?(O_O)
………………何故でしょう?←オイコラ

自分でもよく分かりません。

でも。
今月起きた北海道地震によって気付いた事、分かった事。
私だけの話でいえば、地震の影響で副業の方がドッタンバッタン騒ぎで残業が当たり前な感じになってしまっているのですが(⌒-⌒; )
でも、副業の業務内容的には仕方ない事であり、必要な事なので文句はありません。
大変ではありますが…周りの先輩方に助けられながらも、ぴよぴよのヒヨコな新人なりに頑張ってます(⌒-⌒; )

そんなこんなで。

誰だって。
何かを抱え込んでいて。
目に見えない何かを背負っていて。
口に出すのは簡単なのにそれをしない。

「自分の弱さを知る、それが強さとなる」

そんな雰囲気をえんちゃんに醸し出して頂きました。
どんなにちっぽけで弱いとしても。
強くなりたい理由があるのなら。
強さを教えてくれる人が周りにいるなら。

誰もが皆、無敵なんです。
でも四六時中ずっと無敵でいるのは大変だから。
たまには休憩を挟んで…リフレッシュ。
そして再び歩き出すんだと思います。

そんな事を思った今月。
来月は更新数増やしたいなぁ…妄想ネタ書きたいなぁ…あと、残業はいつまで続くのかなぁ←ここまで書いた事全部台無し(O_O)

というわけで!
設定文だけ書いて中身空っぽのページを書きたいのに書けないストレスの方が残業のストレスより多いという現在のれいでしたー。

ではー(^ω^)
カテゴリ: 小説裏話

前へ|次へ

コメントを書く
日記を書き直す
この日記を削除

[戻る]



©フォレストページ