長編SS

□first down
6ページ/7ページ




ちょうど現在進行形で思考の中心にあった相手と出くわして、対応に困った。

あとで思えば一言『ごめん』と言ってすれ違えばいいだけだったのに、それすら出来ずただただ彼の顔を見上げる。

神田の方もそのまま廊下を行き過ぎることなく、こちらをまじまじと眺めながら眉根を寄せた。

「ーおい」

「え…?」

呼ばれて、けれど鈍い反応しか返せずにいると相手はますます顔をしかめ、続ける。

「お前、医務室じゃなかったのか」

「あ…もう、平気…」

脱力するかのように、ぽつりと呟くと彼はそっぽを向いて舌打ちをした。

デイシャの奴、大袈裟に騒ぎやがって等々の小さな悪態が聞こえてきて、思わず瞬く。

それは、つまり。

…心配…してくれたのだろうか。

そう、廊下を走ってくるくらいには。



「………………」



ふわっとした暖かいものがこみ上げてきたと同時に、急に自分の姿が気になった。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ