長編SS

□first down
5ページ/7ページ




一歩足を踏み出す毎に。

一つ、呼吸をする度に。

先程までの夢の場面がよぎる。

大人の『神田』の姿。

知らない女の人に向ける優しい視線。

大事そうに触れる指。

二人の絡んだ腕。

考えたくないのに頭から離れなくて泣きそうになる。

だって、あそこにいたのは、自分のよく知る幼なじみじゃなかった。

好きなものはお蕎麦と鍛錬で、大事なものは六幻なのが神田のはずなのに。

そんな彼が『恋』をするなんて想像も出来ないけど。

相手の人は神田にとって、六幻やお蕎麦よりも大好きで大事な存在になるんだろう。

…きっと、わたし…なんかよりも。

グッと息をつめて、がむしゃらに駆けていくと。

曲がり角で、同じく向こうから走ってきたらしい相手とぶつかりそうになる。

「「!」」

驚いて、慌てて足を止めた。

乱れた息でごめんなさい、と謝るより先にそれが誰か理解する。

癖のない艶やかな黒髪が舞い落ちる。

下手な女の子よりも綺麗で怜悧な面差し。

きつく思われるくらい強い意志を滲ませる瞳。

その目が、いつもの慣れた位置から少々の驚きを湛えてこちらを見ていた。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ