長編SS

□first down
2ページ/7ページ






木立の間、見え隠れする後ろ姿を追う内に妙な違和感を覚え始める。

(…あれ?)

靡く黒髪も、手にした重そうな木刀も六幻でこそないけれど、確かに神田だと思うのに。

(神田ってあんなに大きかったっけ)

確かにこの頃彼の背は伸びてきて、ちょっぴり悔しい思いをしていたけれど。

それにしたって、遠目ながらもあんなにスラリとしていたかと考える。

おかしいなと思いつつ、でもあんなに似た人がいるはずもないと断言できる。そもそも長い黒

髪なんて片手で数えるくらいしかいないのだから。

とりあえず、首を傾げていてもしょうがないとリナリーは更に足を早めて相手に近づいた。

乱立する木々の中。

向こうは一所に場所を定めて腰を下ろしたらしかった。

その行動に、ああやっぱり神田だと思う。

彼はある程度体を動かすと、静かな所を見つけて籠もる気を払拭するように瞑想することがよ

くあったから。

おかげで縮まりやすくなった距離をひと息に駆ける。

邪魔しては悪いような気もするが、今回は勘弁して貰おう。

ようやく追いついて、座る彼の全身が視界に入る辺りで速度を緩めた。

ゆっくりと歩を踏んで彼が顔を上げてくれるのを待つ。

気配に聡い神田は、どんなに静かに近づいてもこっちが声をかける前に気がつくから。



…ああ、ほら。



額にかかる髪が揺れて、端正な面がこちらに向けられる。


―神田。


そう、笑って呼びかけようとした所で…息を飲んだ。





作中:リナリー12歳。神田14歳。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ