長編SS

□first down
1ページ/7ページ





「―リナリー!!」

「危な…っ」



―バチッ!



一瞬の衝撃。

…科学班の皆の声が遠のいた。



first down




(…あれ?)

目を開けてみるとそこは、森の中だった。

自分はどうしたんだったろうかと考えても、ここまで来た過程が思い出せない。

仕方なしに辺りをゆっくり見渡せば、知っている場所だということに気付いた。

教団の森。

天気が良いのだろう、降るような木漏れ日が眩しい。

太陽の位置から午前中だと判断してホッと息をつく。

これなら普通に帰れる。よく分からないことだらけだけど、とりあえず心配ない。

生まれた余裕に微笑して、歩き出す。

木漏れ日の中。深い森、包まれるような緑。

それは不思議な感覚だった。

ふわふわとして、現実感のないような。

気分良く、足を進めていけば、視界の先に何かが横切る。

ひとつにまとめられた長い黒髪。

(…神田?)

鍛錬でもしにきたのだろうか。

少し足を早めて、後を追ってみた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ