長編SS

□カイコの家
1ページ/5ページ



男女の幼なじみというものは、いつの間にか「他人」になっていってしまうんだろうか。

それも学年が違ったりすると。

…余計に。




体育を終えて、友達と雑談まじりに更衣室を出る。

校舎と校舎の間を繋ぐ渡り廊下を歩いていると、1人が声を弾ませた。

「ねぇ! 次、三年の男子みたいだよ」

「あ、ほんとだ。ラビ先輩と神田先輩がいる」

耳へ触れた名前に思わず瞬いて、グラウンドへと視線を投げる。

同じような格好の群れの中で、一際。

「…やっぱ目立つよねぇ。あの2人」

「フツーに芸能人とかよりカッコいいよね」

きゃあきゃあと話題を盛り上げる友人たちの隣で小さく笑って。

傍立ち、こちらへと影を落とす木々を見上げる。

もうほとんど散り終わり、緑のばかりの葉桜。

…いつからだったろう。

この花の季節が巡る度に、「距離」を感じるようになったのは。






次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ