跡リョ短編

□リョーマ誕生日話
1ページ/1ページ

今日はクリスマスイブ。
そしてそれ以上に大切なあいつの誕生日。
寒い風邪の中キラキラと光るイルミネーション。
大きなツリーの前でアイツを待つ。
車で迎えに来るな…って言われちまったら仕方ない
約束の時間をすぎてもまだ来ない。
そして俺様に近寄ってくる女ども…
リョーマもこんな目にあってんじゃないかと立ち上がったらチャームポイントの帽子を見つけ人混みをかき分け手を掴んだ。

『俺様を待たせるなんていい度胸だな。』

『あんたが女に囲まれてたんでしよ?』

『口の減らねぇ野郎だ。とりあえず人の少ないとこ行くぞ』

俺はリョーマの手をしっかりと握り直し人気の少なそうな公園へと向かった。

『Happy Birthdayリョーマ。』

小さな箱を彼に渡した。

『開けていいの?』

『あぁ。』

ゆっくりと蓋を開けた。

『指輪?』

『左の薬指にな?』

そういえば一気に顔が赤くなっていった

『だから最近指よく触ってたわけ?大きさぴったしだし』

『当たり前だ。何年かしたから本物の結婚指輪やるよ。』

『待ってるから…あ、景吾早いけどさメリークリスマス。』

『明日は会えねぇんだもんな。俺からもだ。』

2人で同時に…と思い開けたら同じものが入っていたそれは“バッグチャーム”
そしてただのチャームではなく互いの名前が彫られているもの

『景吾。これって偶然だよね?』

『当たり前だ。』

お揃い、なんて笑い合えるなんてなんて最高な事なんだろう。

生まれてきてありがとう。その気持ちを込めてリョーマにキスをした

『愛してるぜ。』

『俺も。』

聖なる日に聖なる誕生日を。
Happy Birthdayリョーマ。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ