夢 短め

□君が好き
1ページ/8ページ

カフェ・ローノはコーヒー専門店。
無表情のマスターが個人経営してる、座席数15の小さな店。
高卒で入社した建設会社を、7年で退職した翌週。
ハローワークで、たまたま目を止めた求人。
恐ろしく好条件過ぎる内容。
倍率は高そうだけど、面接を申請した。
面接当日。
お店には先に3人いたけど、マスターとの個人面談を終えると暗い顔やムッとした顔で帰っていった。
何言われんだろ?
専門知識がないのに来るなとか?
私もないぞ。
不採用だなと思いつつ、事務所へ。
自己紹介をして履歴書を渡すと、マスターは見もしないで即時採用と言った。
『は?』
『僕の出す、三つの条件を全てのむならだ』
え、ヤバい店?
『まずね』
希望休は不可。
この店は不定休。
お盆、年末年始も開店。
週1は確実で、月に8日の休日は取らせるけど、労働者側の希望休は不可。
また、マスターの都合で長期休業もあり得ると。
私用は優先できず、収入が不安ならムリと言うわけだ。
『それは、OKです』
独り暮らしで、自己都合の用事はほとんどない。
貯金もまだあるし、週1休が確実なら給与を選ぶ。
『次はね』
香水厳禁。
エクステ、付け睫、付け爪やネイルアートの派手な化粧も不可。
コーヒーの香りをダメにするし、店内の雰囲気に合わないと。
日焼け止めとファンデーション程度の自分は、マスターの規定でOK。
逆に、リップくらい塗らないと女の子はダメと言われた。
『最後が、一番重要なんだけど』
気持ち悪がらないで聞いて欲しいと、前置きされた。
うわ。
やっぱ、隠れてアンダーグラウンドでディープな?
マスターは、ぼそりと。
それを口にした。
Fカップ以上である事。
『はい?』
最後の条件は店の都合と、マスターの趣味が関係するそう。
『見たところ、君はGカップ。アンダーは75。ここで採寸させて貰えるなら、働いて貰いたい。制服は2日で作るよ』
ブラのサイズを当ててきたのが吃驚。
『あの』
『この店の制服は、胸が大きくないと着こなせないんだ。僕は女性の豊満さを隠さず、エレガントかつ愛らしいエプロンドレスを作るのが趣味なんだ』
『はあ』
何と、マスターは巨乳オタク。
巨乳メイド衣装の世界では【品格の匠】と呼ばてるそうだ。
その話で逃げた人は少なくないと、マスターはシュンとした。
巨乳用衣装製作が趣味……。
『そんな事なら、問題ないです。変な事に関係させないって誓約書をいただけるなら、OKです』
マスターはその場で誓約書を書いてくれた。
ならばと、採寸して貰った。
二日後には、紺色の上品なエプロンドレスを二種類も渡された。
三軒隣の靴屋で、茶色のローファーをマスターと靴屋の店主が頷くまで履きまくったのは、その日の午後一。
今では、15着も支給されてるエプロンドレス。
品質上、家庭では洗えないので店でまとめてクリーニングに出してる。
私は自腹ゼロ状態。
倍率が高かっただけあって、マッタリ労働でしっかり貯金ができるほど稼げてる。
賄いは好きな物を作っていいし、コーヒーの知識も細々と積立て、わずかだけどキャリアアップ中。
マスターの長期休業もまだないし、実働時間は7時間以内。
とても好条件の職場。
神様に感謝した。

『白河さん。俺とつきあってください』
9月も終わる頃、常連客に告白された。
休憩時間、賄いに作ったチーズトーストを食べながら末席で読書をしてたら、横に立った人影。
見上げれば、今日も私がコーヒーを運んだ常連客。
彼氏いない歴25年の私に、神様が悪戯をしたんだと思う。
だって、イケメンで高学歴と思える彼は、高校生だから。
『俺とつきあってください』
再度告白してきた事で、注目を浴びてしまった。
客の動向を気にしないマスターさえも、私を見てる。
『他をあたってください』
『白河さんフリーですよね。一週間考えてください』
彼は名刺サイズのメモをテーブルに。
『簡単なプロフィールです。参考にしてください』
チラリと視線を向ければ、名前より先に高二と入る。
うん。
高校生じゃん。
『犯罪者になりたくない』
メモを返す。
『俺の親が認めれば、淫行罪には問われませんよ』
再びメモをテーブルに置く彼。
『じゃ、了承取ってから、再チャレンジしてください』
私も、再びメモを返す。
『俺の何がダメですか?』
年齢に決まってる。
『容姿が問題なら、白河さんの好みに変えます』
『主体性のない人は好きじゃない』
『本当に好きなんです。一週間、考えてください』
微笑み去ってく彼は、後ろ姿もイケメンだった。
『シロちゃん、どうするの?』
マスターが尋ねてきた。
『あり得ません。彼、高校生ですよ』
テーブルに残されたメモは、個人情報。
細かくハサミを入れ、可燃ゴミの袋に入れた。
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ