石楠花物語幼少時代

あらすじ・・・

舞台は長野県茅野市宮川。地元の幼稚園に通う柳平麻衣はさくら組の小口千里の事が大っ嫌い。いつも優しく、泣いてばかりの友達、岩波健司を慰める面倒見のいい女の子だが、千里を目の前にすると、素直になれずにツンツンしてしまうのであった。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ