海の巫女

□6.嵐の予兆
1ページ/7ページ





「俺と来い」




「!!!」







それが、ローは率直な思いを伝えた。

彼女は大きく目を見開く



ヴィラという人物を知りたいならば、そばに置いておけばいい、自分のものにすればいい

そんな単純な考えだった



「………………」


彼女からして見れば本当に唐突の告白だったが、ローからして見れば頭で思考を凝らしていた分、何も急というわけではなかった

それでもローは自分が愚かであると思っていた、計算無しで動くのは愚の骨頂。利益や過程を何も考えず発言した自分が信じられなかったものの、後悔の類は一切ない。そんな気分だった


自身の中に生まれたその感情の芽を恥じることなく、ローは楽しんでさえいた。










次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ