海の巫女

□4.正体の一部
1ページ/5ページ







外へと出た彼女の背中について行くロー。鬱蒼とした森に入っていく彼女を、少し警戒した様子で後を追う





「ここを抜ければ、着くきます」





目的地に到着しそうということで、ローは背負っている刀を握る







「そんなもの、抜く必応ありませんよ」



「.....!!」







音も立てず刀に手をかけたはずが、後ろを見ていない彼女が背後にいたローに忠告したのだ。

刀に手をかけたといっても、斬る気などない、用心は越したことはない。






「少なくとも.....あの子達の前ではね」


「.....?」




彼女の言う‟あの子達”に疑問をもつロー





カサッ




森を抜ける長い雑草を手でかき分けると、海が見える丘のような場所へと出る。






「やっと来た!」


「遅かったね、ヴィラ姉ちゃん」


「もー、待ちくたびれた!ヴィラさん!」







次々に聞こえる幼い声に、ローは己の耳を疑った。


が、


視線をズラせばそこには


聞こえてきた声は本物で、数人の子供達の姿が目に入った。








次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ