濶ヤ





ようこそ、濶ヤ(かんか)へ。
貴方様は、1385人目のお客様です。


拍手にてリクエスト等受付いたしております。
(わたくし)の発想力が乏しい為です。

ご意見、ご感想等ありましたら、拍手から送って頂けると幸いです。



<


初めに

本棚

濶ヤの記録





谿を隔てた 山の旅籠の私の部屋
その窓の鳥籠に 窓掛けの裾がかかっている
白い障子に影をうつして 女が一人廊下を通る
ああこのような日であった 梶井君 君と田舎で暮したのも



                        

                                 


ブックマーク|教える




©フォレストページ