□ブックタイトル
その娘、怪奇につき

□執筆開始日
2014年07月10日

□カテゴリー
小説
 創作

□概要
鬼神の第一補佐官と
牛鬼の第二補佐官のお話



その少女は、恐ろしいほどに怪奇でした。






二人の子供の頃のお話
怪奇な娘と一人のみなしご

□読者へのメッセージ
鬼灯様と夢主のお話です

微原作沿いですが、
基本キャラ崩壊です
夢主の口調が荒ぶっています

それでも良い方はどうぞ


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ