小咄

紅葉(もみじ)
1ページ/6ページ

「いい加減、誰か見つける気にはならないの?あのギップルでさえ――」


そんな笑えない冗談を、僕に向かって平気で言ってくれる君。幸か不幸か、僕はこういう
時に卒のない返事をすることだけは、昔から得意過ぎるほど得意なんだ。けれど――君の
優しさは時々――残酷なまでに僕を傷つける。


「いい人がいればいいんだけど。」

「よく言う・・・・・・!ベベルの女性の半分は、アンタのファンだってわかってるのか?
 エボン党をまとめる切れ者のくせに、こういうことには鈍感なんだな。」


――わかってないのは君の方だ。


僕は君が思っているほど鈍感な男じゃない。だって僕は、出会った時に気づいてしまった
から・・・・・・パイン――君が、ヌージにぞっこんだ、ってね。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ