小咄

□天にかける橋
1ページ/2ページ

「やっぱり、出ないのか?」


ワッカは諦めきれず、ユウナに向かってこの日何度目かになる確認をした。


「今日は天気もいいからよ。きっと綺麗に見えるぞ?」

ユウナが何か言おうと口を開きかけたとき、誰かがワッカの肩に手を置いた。ルールーだ
った。彼女はワッカを見つめると、黙って首を横に振る。


―――そっとしといてあげましょう。


30分後、ようやく諦めたワッカとルールーが帰っていくと、ユウナは幾分ホッとして扉を閉めた。


家の窓から空を見上げる。確かに今日は天気がいい。この分だと、お祭はきっと大成功になるだろう。



今日は―――ビサイドの星祭り。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ