小咄 A

□Rude
1ページ/7ページ

――また、来たのか。


「悪いが、何度来ても返事は同じだ。」

「まぁそう言うな。」


ルードは呆れた様子でポニーテールの男に目をやった。もう1週間になる。このしつこい
男は――何度断っても、毎晩、同じことを言いにやってくるのだ。

「神羅に来ないか・・・・・・?面白い部署があるんだ。だが、人手が足りなくてな。」

「何度聞いても同じだ。人の言いなりに動くのは面白くない。」

「組織もそう悪いもんでもないぞ?
 少なくとも、一人でやるよりは、デカイことができる。
 お前はスリルが好きだと聞いているが?」

「ふんっ。」

「それに――」

「???」

「お前と組ませてみたい男がいるんだ。」


そう言って穏やかに微笑んだポニーテールの男は、名詞を一枚置いて帰った。


「総務部調査課・・・・・・?」


――悪いが、全然、そそられない。俺はもっとスリルを求めているんだ。それに、この俺
が誰かと組まされるなんて・・・・・・冗談じゃない。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ