婚活?

□仮
1ページ/15ページ

十年前

「終わりました。あなたの能力は氷を操る物ね。」
「っ!雪出せる?」
「ええ。頑張ればね。」
「やったー!…?…あ、れ?」
「?どうかした?」
「あたま…いた…い…」
「!?」
「うっ!!」
「なっなに…」
「うぁ…いやぁぁぁ!!」
「…収まった…っ!?」
「これは…植物?」
「まさか…」
「う…」
「っ!早く病院へ!」
「チーフ!」
「なに!?」
「この子の…手…」
「手?…石…宝石?水?土…そんなまだ出るの!?」
「花弁…チーフこの子はまさか…」
「…路野。」
「はい。」
「守るわよ…」
「はい。勿論です。」

十年後、この事は原初の事変と呼ばれる事になった。
そしてこれを期に爆発的に、実現不可能だと言われていた多重能力者が増えた。
原因は分からないまま。
発現の原理と法則が謎を残しつつ無理矢理解明とされた。
そして。
原初の子…すなわち初めて多重能力者となった子は、女の子だと言う事実のみ公表され、誰も姿を見た事は無かった。
ただの噂だと片付ける者もいるが、大抵は原初の姫と揶揄され最早都市伝説となるまでに至った。
だがそれはその他
の意見。

当の本人は面白おかしくその噂に聞き耳を立てているのだ。

「本当にいると思う!!?原初の姫!」
「もー…佐天さんったらまた…都市伝説サイト見すぎですよ?」
「だってさ初春!いたら会ってみたいじゃん!」
「…会えたらどうする?」
「「え?」」
「だから。その原初の姫に会えたら、あなた達はどうする?」
「会えたら、ですか?」
「んー…そこはやっぱ…能力見せてもらいたいなぁ。十年って事は物凄く強そうだし!」
「さ、佐天さん…」
「んー…別に強くはないかもねぇ…」
「?」
「でもやっぱ憧れるなぁ…レベル0のあたしからしたら、いっぱい能力あるのすっごく魅力的!」
「そうですね。出来る事が多いのは確かに魅力的ですよねー。」
「面倒くさい事も多いけどね…」
「「?」」
「…姫、なんて言っても可愛くないかもよ?」
「でも姫なんて呼ばれる位だから何か特別なオーラがあるんだよきっと!!」
「あはは…」
「特に無いと思うけどなぁ…ま、その内会えるかもね。」
「だといいなぁ!」
「(ところでこの人…あの星燈学院の制服!)」
「初春?」
「あっあの!」
「ん?」
「そ
、その制服…星燈学院高等部の制服ですよね!!」
「せいとうがくいん?」
「え?あぁ…そうよ。」
「ほわぁぁぁぁ!!」
「う、初春?そのせいとうがくいん?って?有名なの?」
「!?佐天さん知らないんですか!?星燈学院は学園都市の中でも最も偏差値高いって有名なんですよ!?それに!なんと言っても学園都市一の敷地!例えるなら学舎の園がそのまま一つの学校みたいになってるんですよ!」
「そ、そうなんですか?」
「んー、まぁそうね。でも偏差値高いのは初等科だけね。中等科からはどちらかというと…専門職レベルで特化してるから。」
「「専門職?」」
「服を作るのは?」
「んと…デザイナー?」
「そう。薬を作るのは?」
「薬剤師、ですよね。」
「庭を綺麗にするのは?」
「んと…庭師?」
「そう。つまりは一般的に言えば中等科からは専門学校なの。まあ偏差値高いのは外部入学の場合で幼等部からのエスカレータークラスはそんな頭良くないわよ。」
「「へぇー。」」
「って言っても幼等部から因数分解とか習うから星燈の中の話だけどね。」
「「!?」」
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ