とある女の物語

とある女の物語。
何の取り柄のないごく普通の一般女性の、ごく普通の平凡な毎日の物語。…のハズだったのだが…。

突如現れた、饅頭サイズの少女2人組。

この謎の2人組が転がり込んできた事で、主人公の日常は、非日常へとひっくり返ってしまう?

でも、
時に、仕事や趣味に没頭。
時に、恋愛に暴走。
時に、妄想に浸って自己嫌悪感。
時に、悩んで悶絶…。

不器用な彼女が、毎日いろいろな、感情を相手に一喜一憂する。

少女達も、そんな不器用な彼女を見て、日々を共にする。

何気ない毎日だが、その1日は過ぎたらもう戻ることができない事を知る。

当たり前な事が幸せと思えるのも、ついつい忘れて、他の幸せを求めてしまう。

ある人が、主人公に言った。

ーーー求めれば、求めるだけ望むものは遠のいて行く。幸せを願うのなら、もっと視野を広く持て。ーーー

と…。

主人公には、まだその言葉の意味が理解できない。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ