壊してしまおうか


今日もまた

赤い月が空へ浮かぶ

それを見逃す少年と

それに気付き心底嫌そうな表情を浮かべる少年


二人の少年はほぼ同時に呟いた


「俺は人間が好きだ」
「俺は人間が嫌いだ」

「だから、」
「だから、」


『壊してしまおうか』

そして

闇夜にまた赤が飛ぶ

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ