エースコンバット5 とある艦の物語

2010年9月27日から始まったオーシアとユークトバニアの戦争。環太平洋戦争。通称、ベルカ事変と言われる戦争。この戦争は15年前の戦争でオーシアとユークトバニアを中心とする連合軍に敗れた、ベルカがオーシアとユークトバニアに復讐をするために、仕組まれた戦争であった。そのことに気付いた、空母ケストレル艦長、アドミラル・アンダーセンはベルカと戦うことを決意。そして、空母ケストレルと他4隻の艦でベルカに立ち向かうのであった。この物語はケストレルと共に戦った4隻の中の1隻のフリゲート艦の物語である。駄目文ですがよろしくお願いします

物語は戦争の裏側に気づいてアンダーセン艦長側についたフリゲート艦の話です
  艦の名前と登場人物を紹介 
フリゲート艦オルフエス艦乗組員
艦長リチャード・ガレ(39歳)
ベルカ戦争を戦い抜いた男。ベルカ戦争時は駆逐艦トールの乗組員。普段は心優しい人だが、キレると怖い。現在の階級は大佐。
通信長トム・ホークス(38歳)
ベルカ戦争を戦い抜いた男。ベルカ戦争時はガレと同じく駆逐艦トールの乗組員。その為、ガレとはひとしい友人である。普段はガレと呼んでいるが、戦闘時と乗組員の前は、艦長と呼ぶ。現在の階級は中尉。
航海長ポール・スミス(28歳)
1年前に配属された航海士。口数が少なく、必要最低限事しか出さない。現在の階級は少尉
砲術長デービット・ホワイト(25歳)
3日前に配属されたばかりの新人。その為、戦闘時パニックのなる時も
ある。現在の階級は軍曹

この小説はハーメルン様、pixiv様、TINAMI様にも投稿しています

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ