すきま風

□1
1ページ/4ページ

でも私は嘘はついてない。だって、確かに渉さんのそばにいると、ドキドキが止まらないから!きっと、好きなんだ!って思う!




あの…渉さんを誉めても何も出ないなら、私が頑張ったらご褒美ください!



お金がかかりませんよ!って言った自分がねだってどうする。突っ込みをいれた。



『お金かからないならブランドのバックとかは無しだよ』



え?となると…。




ほかならいんですか?



『いいよ』



思わぬ展開に本来の目的も忘れて私ははしゃいだ!ずっと憧れてたんだ!好きな人とのドライブ!


次のテスト平均75点取れたらデートしてください!



逆ナンパ?って思いながら、私は言った。



『ん〜休みの日なら暇だし、その敬語やめてくれたらいいよ』



なんだかわかんないけど!やった〜!って思ってその日は寝れない自分がいた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ