夏は嫌い

□01-05
1ページ/12ページ

私はちか
2年前からソウルで小さなカフェバーを経営している

小さいと言っても毎日予約でいっぱいのお店

その理由は、、、


JJ 久しぶり♪
ちか♪
元気だった?(笑)


笑いながら両手を広げて近づく彼は私の兄の大切な人
ジェジュン


☆ ジェジュンオッパ♪
来てくれたの♪(笑)
ありがとう♪


私は駆け寄りハグする


JJ 今日は友達連れて来たけど席空いてる?


☆ もちろん♪
いつものとこ使って♪


彼と彼の連れが店内を歩くと
お店中から歓声と悲鳴があがった


急いでカウンターに戻り
つまみとメニューを持って彼らの席へ


私のお店は
アイドルが使う店として
SNS上ではちょっと知られたお店


アイドルが来ても気兼ね無く楽しんで貰えるように
VIPルームが二つある


そこへ行くまでの数秒間が
ファン達にとっての幸せな時間だ
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ