P5STORY

□Live or Die2
1ページ/5ページ

俺の名前は
時島敦也
(ときじまあつや)
年齢は19歳。

小学、中学校は
いじめが原因で
学校にはほとんど
行っていなかった。

いじめられる
要因は父親が
死刑囚だから。

父親が死刑囚に
なったのは
悪質なバカ女に
騙されて
8人を刺殺。

俺はその女を
一目見たかった。

父親がそれだけ
はまり込んだ
相手はどんなやつか。

どんなやつか
見届けて
殺してやる。

そのために自分の
美貌を生かして
女をホテルに
連れ込み
父親に関しての
ことを聞く。

無関係なら
ヤったあとに
殺すだけ。

父親と同じで8人
を殺したあと
俺は逮捕された。

そして死刑を宣告。

死刑を待つ生活の
なか、俺は国の
経済大臣に
呼び出された。

100年に1度の
大不況を乗り越える
ために俺の美貌を
いかしてセレブ
と呼ばれる人間から
キャッシュカードと
暗証番号を
聞き出して
そして殺せと。

従わないと
お前はこの場で
殺されると言われ
俺は、反日本政府
秘密組織LODに
所属することに
なったのだ。

Live or Die
(生きるか死ぬか)

俺の究極の
選択が始まる…。

前作を読むと
わかりやすいです。
Live or Die


===========

Live or Die2






俺の最初の
プロジェクトが
始まる…。

高花麗奈のいる部屋へ。


以前、父親を
騙した女を探す時の
犯罪者の血が騒ぐ。


殺れ。殺るんだ。

俺はなぜ死刑を
選ばなかったか…。

そう。それは
父親を騙した
女を一目見るという
目的を果たすため。

その目的を果たすため
に自分は8人もの
儚い命を奪ったのだ。


目的を果たすまでは
死ぬわけにはいかない。



静かにドアをノックする。


コンコン。


そのあとすぐに
女の声がして
スイートルームの
豪華なドアが
開かれた。


この豪華なドアは
まるで、これから
始まる過酷な
プロジェクトを
皮肉るほどの
きらびやかさだった。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ