Alice's Cage



素敵で意地悪で優しい貴方


程遠く乖離した場所から


見据えるだけで幸福だったの



なのに ただ横切るだけで


貴方の微笑を魅るだけで


こんなにも鼓動は高鳴って



渦巻く漆黒な嫉妬心


何時だって貴方は私のものよ



ねえ 虚構でもいいから


ただ好きって 愛してるって



真摯な貴方に恋焦れることが


どんなに罪深くても


どんなに恥知らずだとしても



永遠だなんて贅沢言わない


せめて眼前に居るときは


臆病兎だけの王子様でいて





Enter










ブックマーク|教える
訪問者124310人目




©フォレストページ