◆快楽遊戯◆

□快楽遊戯 - キンジラレタ アソビ -
1ページ/28ページ

 

「退屈だ…」

いつも繰り返される『毎日』

朝起きて、学校行って、飯食って、寝る…

何の変哲もない日常に、俺は何度めかの言葉を吐き出した。

「また出たよ、夜船のその台詞…」

ぼんやりと視線を泳がせ、聞き覚えのある声の主を探す。

「…宮澤。」

背中を預けていた椅子から身体を起こし、目の前で苦笑するクラスメートを見上げた。

「そんなに退屈なら、部活にでも入れば?」

「…めんどくさい。」

義務教育を終え、親のひいたレールに乗っかって高校に進学したものの、特にやりたいこともなくこの有様だ。

正直言って、つまらない。

いい高校、いい大学、いい会社…

その先にあるのは、何だ?

いい相手に、いい家庭?

…くだらないね。

どんな基準で優劣を決めるのか…

親の顔色ばかり窺って、『いい子』を演じるのも楽じゃない。

「夜船って、『退屈』か『つまらない』か『めんどくさい』しか言わないよね?」

「…そうだっけ?」

何の変化もない高校生活。

無駄に時間、使ってるよな…

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ