戦国BASARA

□こんな日も
1ページ/4ページ

鼓動が聴かれてしまう、という考えが頭を過ぎる。
こんな近くに彼が居ては、仕方がないのだろうけど。
こんな日も

「あー・・・。」
「なにやってんだ、いくぞ。」
基本朝にテレビを見ない俺は困ったことに傘を忘れてしまった。
そんな俺を笑いながらも自分の傘の中へ入れてくれたのは、隣に居る政宗。
これ幸いと思っていま一緒に帰っているが、少し動けば必ずといっていいほど触れ合えるくらいに距離が近い。
自然と緊張してしまう。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ