戦国BASARA

□さよならのあとに
1ページ/3ページ

異常なくらい静かなこの部屋。
有るのは時計の音だけ。
俺以外に誰も、居ない。
さよならのあとに

彼と居ることの必要性をこういう時間に再確認する。

俺には彼がいないと駄目だということを再確認する。

さっきまで一緒にいた筈なのに。

少し離れるだけでも心に空く穴。

どれだけ溺れているのだろう。

我ながら滑稽だ。


もっと触れたい、

もっと傍にいたい、

もっと、もっと、




逸る気持ちを抑えながら携帯を手に取る。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ