マ王

□Happy Halloween!後
1ページ/6ページ

俺がみんなに悪戯をしたいと言ったら、村田がおもしろそうな笑みを浮かべたのはほんのちょっと前。
嫌な予感をひしひしと感じながら、俺は歩きだす村田に付いていった。
取り敢えずジャックは外しておこう。


そうして着いた場所は、自称天才マッドサイエンティストの悪の巣窟。


「何でアニシナさん?」
「渋谷がしなさそうな悪戯をするって言ったら、彼女しかいないでしょ? 渋谷が普通にしたら、ウウェラー卿が絶対に気付くし」


言い返す言葉もございません。でもアニシナさんに頼るのはさすがに……。
彼女の事だ。何の見返りを要求されるか想像したくもない。


「その時は渋谷に頼るよ」
「自分だけ逃げんなよ、村田」
「やだなぁ。渋谷を頼りにしてるんだよ」
「胡散臭っ!」


しかしアニシナさん以外に良い案は浮かばず、結局は彼女に頼るよ事になった。


「アニシナさんいるー?」


村田は何の戸惑いもなく部屋の扉を開けた。せめてノックぐらいしてくれ。
部屋の内部が見えれば、能天気な村田の声が辺りに反響して響く。
すると変な機械の奥から、真っ赤な髪が揺れながら現れた。


「おや、陛下に倪下。どうしてこんな所に」
「どうもアニシナさん。実はさ用事あってね」


今までの思いつきを全て隠さずアニシナさんに伝える。意外にアニシナさんはおもしろそうに聞いてくれた。


「という事なんだよ」
「よくぞお二方、この私に頼って下さいました! それならこちらに良い案があります」


村田は相変わらずニコニコしてるけど、アニシナさんのこのテンション。
ちょっと、いや、かなりヤバい気がしてきた。


「先ほど出来た薬……その名も『これで今日から貴方もグリ江ちゃん!』です」


きたー!! しかも題名がグリ江ちゃんだよ!


「これは、どんな殿方もヨザックのように、完璧に女装が出来る薬です」
「つまり性転換?」
「さすがです、倪下」


あの説明で分かったんだ、村田。さすが大賢者。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ