shortDream3

□投げやりアドバイス みっつめ
1ページ/3ページ



「なぁ、どうすれば良いと思う?」


今日もまた、私の席にやってきた黒羽君。
正直そろそろやめてほしい。いつまでコイツは此処に来るつもりだ。


「何が?」

「だから、その子に次、どうやってアタックするかだよ!」


何もしない方がその子の為になると思うよ、本当に。
そう伝えたいけれど、流石にそれは酷過ぎるかもしれない。
そう思った私は、少し考えてから言った。


「そうだね。少し黙ってみたらどうかな。」


これも遠回しに酷い事言ってるような気もしたが、まだ良いだろう。
すると黒羽君は、そうか、とふむふむと頷いてからありがとな!と笑って私の席から離れて行った。


‥‥本当に分かったのだろうか?



.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ