鏈の愛音









闇に微睡む少女─…

を背負う者が在るならばを背負いし者も在る。


逃れられないで運命に絡め取られる鈍色の人生。
に溺れる私の生き様─…



嗚呼,滑稽ね。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ