鏈の愛音

□騒動
1ページ/6ページ




「…眩しい。」



静かに降り注ぐ朝の日差し。



明るく眩しいその光りを手で遮る少女。
…─白い肌の間からアッシュグレイとブラックの瞳が覗く。…覗く。






今まで部屋の中に居た所為なのか,余計に眩しく感じるその日差し。










明るく空に輝く太陽は…私達を見下すかのようにそこにった。







次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ