鏈の愛音

□敬語と身長
1ページ/5ページ


茜色に染まり始めた空。
レンガを積んだ家々の窓に赤が反射して,全てが赤に見えるその景色。

鈍色の道までもがほんのりと赤く見えて…─

全てが赤いその街は,まるで燃え上がる炎のよう。

そんな茜色に堕ち逝く空の下で,
黒い影が3つゆらりふらりと動いていた─…



「で,結局どうするんですか?これから。」



その影のうちの1人─レナは一緒に歩いていたエドとアルに言葉を傾ける。


あの後─…
ロイからエド達とレナは一緒に行動するように言い渡された後,
結局どうしようもなくなった3人は…取りあえず街に出てみたのだった。



「どうするもこうするもなぁ…。あ、お前はどうしたい?」



風に靡く金髪を輝かせ,レナの少し先を行くエドは振り返り,
レナの隣を歩くアルは鎧の軋む音を響かせながら返事を待つ─。

少しだけ,ほんの少しだけ空白の時間が流れて…
2人が瞬きをした次の瞬間にはレナの言葉が発せられていた。



「特に希望はありませんので,お2人で決めてください。」



興味無さそ気に零されたレナの言葉に,2人は目を丸くする。



「はぁ?だってお前、、、今まで旅してしてたんだったら目的くらいあんだろ?いいのかよ。オレ等が決めちまっても…」

「別に構いませんよ。」



即答。
何食わぬ顔で手帳を開き始めるエドは少し首を傾げる。


…─本当にいいのかよ。
っつかコイツやっぱ読めねぇつか分かんねぇ奴だな…。


眉間にしわを寄せて考え込むとレナに「変な顔。」と横目で冷たく言われたのでむしゃくしゃして強めの口調になる。



「じゃあ本当にオレ達で決めるぞ。いいんだな。」

「女に二言はありませんよ。」

「「それを言うなら男でしょ(だろ)」」



2人に突っ込まれたレナは少し不機嫌そうに顔を歪めて「どちらだっていいじゃないですか。」なんて無茶苦茶言い始めた。



「兄さん。取りあえず今日は宿に行こうよ。もう日が落ちる─…」



そんなアルの言葉に2人は空を見上げる。



─…茜色の空は闇色に堕ちかけていた。



「ここからだと軍の宿泊施設が近いですね。軍属ですから多少安くなりますし。」



「ふあああ」なんて欠伸を零して目を擦るレナ。
灰と黒の瞳がそれによりほんのりと潤んだ。

その眠そうな仕草に,此方まで眠気が誘われる─…。



「じゃあそうすっか。」



上にやった視線を街に戻し,道端に置いたトランクを持ち上げるエド。



「うん。」



それに続いてアルが返事をし,レナが更に眠そうに欠伸を再び。



「何でもいいですけど,早く行きましょうよ。…眠いです。」

「わーってるよ。」



赤いコートを翻し前を進む。

金髪を照らしていた茜色は,やがて闇に堕ちた─…
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ