君とふたり、いられるのなら。

おお振り小説
D灰小説
A・A小説



自己紹介
パラレル
夢小説
ぶっく。
ちゃっと

この空の下、いつも君を想ってた。
笑った顔
泣いた顔
拗ねた顔
怒った顔
僕の脳裏に焼き付いて離れない…。

ああ、君とふたりで、この空を見たいな。


ブックマーク|教える
訪問者4091人目




©フォレストページ