□偽トマト☆パワー
1ページ/3ページ





サスケとナルトがお互いの気持ちを知り、関係が発展してからしばらく経ったある日の午後…





「おい!ナルト…お前、野菜も食え…!!」

「…ヤダってば……」




…野菜嫌いのナルトとサスケのいつもの光景


ただ、ちょっと違っていたのが…







「…じゃあ、せめてトマトだけでも……」

「絶対ヤダってばよっ…!」


「…トマトだぞ?ι
こないだ、これなら食べられそうかも…とか言って食ってたじゃねーか…ι」

「…と、とにかくトマトだけはぜってぇ食べねぇってばよ!!」

「はぁ!?」



「…だって、トマトってば……」


「…トマトがどうしたんだよ?」

「……サスケの思惑通りには行くかっ…!」

「…は?
ますます意味分かんねぇ……」


「…とにかくトマトだけは食べねぇって…」




顔を背けたナルトをじっと見ながらサスケは聞いた




「…理由は?」


「…っ!?……そんなもんねぇってば…」



「…怪しい」

「………ι」


「…ナルト、お前嘘付いてもすぐ分かんだよ……」



「…うっ……」




.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ