ひとりごと。。。

□【じゃがと私‥】
1ページ/3ページ

私は結婚前も、結婚後も、じゃが(母)と暮らしている。

1日出はらう時なんか

ご飯食べたかな?
また無理して掃除機かけたりしてないかな?

って子供より母の方が気になる(笑)

私にとって居なくちゃならない人だからね。



じゃがは20年間父を待ちながら苦労して私を育ててくれた。
私が卒業して仕事始めてからも金銭で苦労してきた。

だから、おばあちゃんが亡くなって泣き崩れてる母の姿を見た私は数回会っただけの父に電話をし、母だけでも帰らせてあげて!!と頼んだんだ。


『わかった!
明日届けてやるから行ってこい!
飛行機も予約しておくから!
そして30万くらい香典で置いてくれば顔がたつだろ。』


その瞬間離れててもやっぱり父親なんだなぁと思ったよ‥



翌日‥‥


『それじゃ持ってきた意味がないだろう。』


と母に言いながら自分で母のはんこ押して帰って行く父を見ていた。

その後はきっと一緒に暮らしてる子持ちの女性に母の名前書かせたんだろうね‥


離婚成立さ‥



だからね‥
私はこれ以上悲しい思いはさせたくないのよ。

連日殺人やら自殺やらを伝えるNewSを見るたびに自殺する子達に警察に捕まる人達に!憤りを感じてしまうんだ。

親がどれだけの悲しみを背負うことになるのか‥



でも普段の私は そんな感情どこへやらってくらい一卵性双子みたいな感じで暮らしていますがね(笑)
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ